安堂グループの歴史物語[もくじ]

安堂グループの歴史物語 タイトル画像

 高森牛の歴史は明治初期に遡ります。その長い歴史のなか、山口県東部随一の牛肉生産を誇る安堂の名が登場するのは、意外にも戦後間もなく、昭和22年のことでした。
これは、現在の安堂グループに至る道のりを辿った歴史物語。そこには、激動の時代を生きた5つの世代、それぞれの苦難と歓喜の秘話がありました。

歴史物語

もくじ

第1話『安堂のトレードマークの由来』

第2話『試行錯誤、安堂商店の黎明期』

第3話『若き兄弟それぞれの奮闘』

第4話『いろり山賊との出会い』

第5話『ドライブインへの進出』

第6話『討入そばと肉めし』

第7話『注文が来ても、売るものがない』

第8話『一世一代の大仕事』

第9話『大仕事で得た意外なもの』

第10話『光明の試練』

第11話『ちょっと行ってこい』

第12話『安堂のため、地域のため』

第13話『衝動買いの功名』

第14話『蛙(かわず)たちの勉強会』

第15話『ブランドへの第一歩』

第16話『周東食肉フェアの誕生』

第17話『虫と新社屋の関係性』

第18話『戦場と化した売場』

第19話『地産地消に応えたい』

第20話『家畜伝染病との闘い』

第21話『HACCP/ハサップへの挑戦』

第22話『ハサップの夜明け』

第23話『目に見えない敵』

第24話『高森亭の生い立ち』

第25話『牛のタタキを救え!』

第26話『復活! 牛のタタキ』

第27話『角のない牛』

第28話『無角和牛を救った恩人たち』

第29話『カビが生えた肉塊』

第30話『熟成肉、生みの苦しみ』

第31話『本場アメリカで食べた熟成肉』

第32話『夢の繁殖センター』

第33話は、2020年12月下旬掲載予定です。